鶴川駅を考える会最終報告会」が開催されました。

9月7日(土)10:00より、和光大学ポプリホール鶴川の地下ホールにおいて、「鶴川駅を考える会最終報告会」が開催されました。はじめに(株)TNA・武井から、これまでの「鶴川駅を考える会」の実施内容と、そこで得られた意見やアイデア等についての紹介・説明がありました。

​続いて、東京大学准教授の中島直人先生による「戦略と戦術の都市デザイン ー 大きな構想と小さなアクション」と題したご講演を行ってもらいました。

ご講演の中では、都市を形成するための長期的な視点にもとづく構想(都市の戦略)と、戦略の構築や改良へとつなぐための短期的な視点に基づくアクション(都市の戦術)の関係について、様々な具体的な事例を通して解説していただきました。

以上をもちまして、「鶴川駅を考える会」の全行事が終了となります。実際に新しい鶴川駅が完成するのは少し先のこととなりますが、今回を「鶴川駅を考える会」の一端の締めくくりとしつつも、市民の方々からはこれに関連する企画やイベントについてのご提案もあり、今後もこの鶴川駅をみんなで作っていくプロセスに注目していただけると幸いです。

「鶴川駅を考える会」実行委員会(小田急電鉄株式会社、町田市都市づくり部地区街づくり課、株式会社TNA)